好評発売中!!

10月4日号

表紙

トップレポート

トップレポート

「わたしどもの事業は、ゲスト(お客様)に喜んでもらえることが使命。価値を提供すれば喜んでもらえる。それでキャスト(社員)のモチベーションが上がるという関係です」──。東京ディズニーランド、東京ディズニーシーを運営するオリエンタルランド社長・上西京一郎氏はテーマパーク事業の特長は、「直に消費者の顔が見えること」と語る。

■本誌主幹 村田 博文

最新号注目記事

〝官僚主導の国〟から〝政治主導の国づくり〟へ──
世界経済が先行き不透明さを増す中、
日本再生をどう図るか?

アベノミクスも曲がり角を迎え、これからの日本を背負って立つ若者は?欲ない、夢ない、やる気ない?の「3Yない」現象に陥っている。こうした閉塞感の中で、どう日本を元気づけていけばいいのか。堺屋氏は「新たな倫理に基づく枠組みを」と強調。日本の〝三度目〟の活性化を促すための方策とは──。

最新号注目記事

合併に必要な昭和シェルの株式取得時期を延期──
[泥沼化する争い] 創業家が取得した
株式0・1%に翻弄される出光経営陣

出光興産と昭和シェル石油の合併計画を巡って、33・92%の出光株を持つ創業家が合併に反対。9月12日時点で、現経営陣との争いは収束の目途が立っていない。市場縮小が続く石油業界では、ライバルが着々と手を打ち、新しい時代に備えている。株主や従業員、地域社会という様々なステークホルダーを抱える中で、経営陣、創業家双方の反省点を指摘する声も出ている。

今月掲載のトップの方々

オリエンタルランド社長兼COO
上西 京一郎
作家
堺屋 太一
丹青社社長
青田 嘉光
FRONTEO社長
守本 正宏
インテリジェントウェイブ創業者
安達 一彦
日本ナレッジ・マネジメント学会専務理事
山崎 秀夫
加治木島津家第十三代当主
島津 義秀
ジャーナリスト
嶌 信彦
JR貨物名誉顧問
伊藤 直彦
ユニー・ファミリーマートホールディングス社長
上田 準二
三井住友トラストクラブ社長
野原 幸二
日本エイサー社長
詹 國良(ボブ・セン)
財界10月4日号目次